スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河童

父の形見に河童のブロンズ像がある。今は私の部屋でじっとわたしを見下ろしている。
子供のころから父が大事にしていたのを覚えている。

河童のブロンズ像

いつも間にか私も河童に興味を持つようになた。
これも親父の刷り込みなんだろう。
前に書いた 風が好き、夢が好き、海が好き、この人生が好き
と書いてもらった画家に河童のダイバーを書いてくれと注文した。
さすがに参っていたが出来上がった。

河童のダイバー

その後私がダイビングのログブックにサインするとき
河童の絵を書きこむことになる。

ログブックのサイン

これがそのサイン、何十年も潜って何人にこのサインを書いたことだろう。
こんなサイン一つにも思い入れや物語がある。
まして人の人生は語りつくせないだろう。
私は誰に語りつずけているのだろ・・・・・・・・・・・・・


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。