スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本水産魚譜

本棚には沢山のダイビング関係や魚の本が並んでいる。

明日から八丈島、少し魚のことを調べておこうと取りだした中に

父が大切にしていた本を見つけた。 日本水産魚譜

この本は昭和36年に出された高価な本、当時の給料1カ月分位

したんだろうか?

日本水産魚譜

400種に及ぶ魚が全て手書きである。見ていて飽きることが無い

今では考えられない事だ、編集するまで大変な労力だったと思う。

全て手書きの絵である。

実に細かく書かれている。父がいつも釣りから帰ると

開いていたことを思い出されれる。

見ていても飽きない。

私の日記も回想録のようになってきた。私もその当時の父の年齢を

超えたかもしれない、 しかしまだ負けずに潜る。八丈島は昨日

ナズマドに入れたようだ。

週末はベストコンデション!!ブルーに染まってこよう。

コメント

まるで美術図書の様

解剖学書にも共通するような美しさですね。
昭和36年出版とは・・・50年を経過しているとは思えない素晴らしい保存状態に驚きです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。